新潟市からの引越し見積もり|安くする方法

新潟市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、新潟市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、1分程度の入力で引越し各社の料金がわかります。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

新潟市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

新潟市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

新潟市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、新潟市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、1分程度の入力で引越し各社の料金がわかります。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの見積もりについてですが、引越し屋さんもいろいろあってどこがいいのだか?先に見積もりをもらって比べてから、安くてサービスもよい業者を選ぶとよいです。見積を比較するというとめんどうかもしれませんが、引越し料金の見積もりを比較することで、安い引越し業者はどこなのか、どの引越し会社がサービスがよいのか比べてみることができるのです。引越し見積もりというのは、ふつうどこの業者でもそうしています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、あらかじめ引越しの見積もりの予約をしておいて、予約しておいた日に引越し会社の人に家に来てもらいます。引越しの見積もりの方法は、おそらくどこの業者でも同じようなものでしょうけど、荷物の量は全部でどのくらいなのか、大きな荷物もどれくらいあるのか調べられます。それから、引越し先の距離や一軒家かマンションやアパートかなど引越しの見積もりの金額に関係すると思います。引越しの見積もりがあがったらそれによって比較検討をするのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、サービス内容がだいたいいっしょであれば、金額によって業者を選ぶということになると思いますし、値段がほぼ同じくらいだったら、サービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、引越し見積もりは比較をして選ぶことで、お得に引越しすることができるようになりますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、引越し見積もりを比べるポイントとして、どんなところに注目をしてみるとよいかということですが、もちろん何を比較するかといえば、まずは、金額を比較するのは金額の他にもサービス内容でも引越しの見積もり比較をするといいですね。といいますのは、引越し会社各社から見積書をもらったら引越しプランが同じ場合でも、ダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスやワレモノ用の梱包材とか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる場合にはチェックしておくのも大切です。その他にも、引越しの見積もりをしただけで、なにかのプレゼントがもらえるとかといったサービスがあるかもしれませんし、箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越し業者に見積もりを依頼するのは、3社くらいは見積もりを依頼して、金額やサービス内容を比べてみるのがいいですね。そうすることによって、価格ではどの引越し業者が安くて、サービスはどの引越し業者がいいのかということが判断できるのではないかと思います。ということですから、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。最初に運送費についてなんですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、作業時間はどのくらいかかるのか引越し先とはどのくらい離れているのかで引越し料金の金額は違ってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は高い価格になりますし、また、トラックの台数が多くなるほど引越し料金の金額は高くなりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、そして人件費に関しては、これな作業スタッフは何人必要かということで引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。さらに梱包費と交通費につきましては梱包費については、梱包資材や梱包作業が含まれています。交通費というのは高速や有料道路の料金ですから通行しなければ必要ありません。それから保険料がありますが、保険があるのかないのかを確認しておきましょう。荷物の破損や紛失などのトラブルがあった場合、保険に入っていないと、困ってしまうことがあるかもしれません。引越し業者の料金には、これらのものが含まれています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。引越しのオンライン見積もりってご存知でしょうか?これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると入力作業は一度だけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのシステムを使う人が増えている理由です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、このシステムですと、入力は一回だけで済んでしまうので、テレビやラジオでもCMしていることもあり利用者も増えています。しかしなたら、インターネットでの見積もりは大雑把な目安となり料金がわかるだけで、実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、引越し会社の営業担当が訪問をして見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりのよい点というのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、複数の引越し業者を比較することができるということです。複数の引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったり大手ではなくても、利用者から大変評判がいい会社もあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。引越し業社にはこのようにいろいろありますが、どの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。こういったケースですと、家具の運搬などもないわけですから、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。その他、独身者の転勤などの場合でも、大手の引越し業社の単身引越しパックのようなものが用意されていますので、そのようなものを利用すれば、あまり手間をかけずに単身の引越しをすることが出来ます。こんなように、引越し業社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや選ぶといいと思いますし、その中でも引越し業者は、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって引越し業社を種類によって選んだりサービス内容についても違いがないかを確認して一番お得な引越し業者を選ぶとよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しのスタイルによって、それに合った業者やパックを選ぶのがよいでしょう。例として、一家そろって引越しをするような場合、家族の人数が多くなればそれだけ荷物も多くなると思いますので、引越しもそれなりに大仕事になります。小さな子供がいれば、子守もしながらになりますし、家族全員で引越しをする場合は、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、高齢者も一緒に引っ越しをする場合では、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事をしている人は、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、なかなか進まないと思います。このような状況であれば、おまかせコースとからくらくコースというような荷造りから全部引越し業者がやってくれるようなサービスのある引越し業者に依頼することによって、引越し準備の負担が減って楽になると思います。単身での引越しでしたら、荷物も一人分しかありませんので、一家そろって引越しをするのと違って、そうたいした荷物や作業の量もないのではないかと思います。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べば簡単で、料金的にも安く引越しをすることができると思います。人数が多い場合と違って、単身引っ越しの場合はわりと手軽にできますので、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはけっこう役に立つ情報として使うことができますよ。ランキングで高く評価されているような引越し業者は、わりと安心して頼んでもよいのではないかと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというと多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによく紹介されています。何を基準に評価するかもいろいろあって引越し見積もりが安かったランキングですとか、営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業スタッフの態度や実際の作業の質に対する評価によって、評価がされ、ランク付けがされています。これから引越しをしようと考えている人は、どの引越し業者がいいのかよくわからない、ということもあるのではないかと思います。そう思っていたら、引越し業者のランキングを参考にすれば、実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に、引越しを頼んで対応がどうだったかということが書かれているので、どの引越し業者を選んだらいいかを決めるために、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しの追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは基本的にはありえない話です。基本的には、見積もりをした時に決めて契約をした料金が全てです。なので、当日になってから別途、追加の費用が発生するということは、基本的にはありえないのです。ですが、必要になる場合があるなら見積もり時に確認をした荷物の量や引越し先の場所であるとか家の前の道幅などが見積もりをした際の情報とは違っていたために追加料金が起きることもあります。見積もりの時の情報が不正確でもし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、往復して輸送したり、別のトラックで荷物を運ぶなどして荷物の運搬をすることになります。正しく見積もりの時に自分が伝えなかったことが原因で当日、別のトラックの手配などが必要になったら、追加料金が必要になることもいたしかたないでしょう。また、当日、引越し業者に頼んでおいた時間になってまだ梱包作業ができていない状態で、引越し業者がほとんど手伝ってしまった場合などでもそのための費用を追加で請求されることもあります。追加で費用が必要になるケースというのも見積もりをしてもらった時に確認しておくべきです。引越の当日になって問題を起こさないためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、荷造りなど、引越しの準備は、前日まで済ましておくのがよいです。

 

■単身引越し
単身での引越しには単身引っ越し向けのパッケージがあります。独身や学生など一人暮らしの人の引越しの場合は、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物も一人分ですから、さほど多くないと思います。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど魅力的なサービスでもないでしょう。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。社会人の単身引っ越しにはそれにふさわしい、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランも商品化されていたりしますので、価格的にも安いと思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者であるのではないかと思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、自分にとって一番都合のいいものはどれか気に入ったところを探してみるといいかもしれませんね。家族の引越しを比較すると単身引越しの場合はそれほど料金も高くならないでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというサービスは各引越し業者で商品化されていますけど、プランの呼び方であったり内容は、その会社によって違いますが、例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックという名前になっていたと思います。日通ではゆうゆうこんぽと呼ばれていたと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースという名前のプランになっています。引越し業者が荷物の梱包作業から搬出も運送も運搬も、至れり尽くせり行ってくれるという引越しをすべてプロに任せてしまうサービス内容になっているのが、いわゆるらくらくパックなのです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、例えば、持っていくものと処分するものの整理などは、依頼者でなければわからないことです。引越しのらくらくパックのサービスで、梱包の解体まで含まれている引越会社の場合でも荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。まあそれでも基本プランと比較すると料金的には少々割高になると思いますが、引っ越し作業の大部分を頼むことができますので、引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭ではなかなか引越しの準備が大変ですから、こういったサービスを頼むのが、その分の価値はあると思います。

 

 

新潟市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、新潟市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、1分程度の入力で引越し各社の料金がわかります。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。自分で引越しをやってしまうことの、よいことや、反対に悪いところについてそれについて紹介したいと思います。とりあえず、自分で引越しをすることのいいところはまずは、引越し屋さんに支払うお金が必要ありませんから、引越しにかかる費用が安くなります。その他にも、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者に頼むと、初めて会う引越し屋さんのスタッフに、どうするのかいろいろと説明したりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりしてそういった部分で気楽でもない部分もあるものです。引越しを自分でする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、和気あいあいとできるのかもしれません。しかし、自分で引越しをする場合は、いいことだけでなくよくないところもあります。自分で引越しをする場合の困ったところはもしかすると引越しを自分で行ったほうが高くついたということもよくあるようです。友だちに引越しを手伝ってもらうのですから、引越しが終わったらごちそうするなり、お礼をしたり、車もレンタカーなどで借りたりして、結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかなんてこともじつはありがちなのです。そして、家族や友達に手伝ってもらって引越しをする場合は、引越し業者のように、それを専門にやっているわけではありませんので、素人が引越しをするので、床を傷つけてしまったりですとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。なので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、十分検討して考えるといいでしょう。

 

■引越しの手順
引越しっていざやってみると大変ですよね。できるだけスムーズに引越し作業をすすめるために、ドタバタになってしまわないために大切なポイントというものはあります。引越しの日を決める、それまでにどんな感じで段取りしていくのかプランをきちんとできていることが引越しには重要なポイントになっていると思います。引越しの手順をわきまえれば無駄なお金や時間を使わずに、上手に引越しを済ませることができるでしょう。という訳で、まずはどこから手をつけるかといえば、引越しのプランというものを立ててみましょう。いつ引越しするのか、引越し業者も手配しておかなければいけません。当日の大まかな時間配分なども計画しておきことが必要です。引越しのプランをきちんとつくっておくことで引越しが上手く完了するかどうかはかかっていると思います。引越しの計画が立てられたらそれから、いきなり荷造りを始めるのではなく、まずは持っていく荷物と持っていかない荷物を分けて持っていかないものは整理するという荷物の量を減らすことが必要です。ある程度荷物を少なくできれば荷造りも少ない時間でできます。いらないものを処分してから始めないと、荷物の仕訳をしながら荷造りをしますから効率よく荷造りができません。効率よく荷造り作業を終わらせるためには、ある程度のいらないものを処分することが必要です。そして引越しの当日になって、荷物を新し家への搬出作業、引越しの後片付けというといった感じで作業は進められますが、この間にも、引越しする前にご近所へのあいさつですとか引越し先への挨拶などなにかと大変なので、しっかり準備をしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しを上手く終わらすためには、計画的に行うことが、一番重要だといわれています。この引越しの計画をきちんと立てておかないと効率よく引越し作業ができません。無駄な時間を使わずに引越しを行うためにも、前もって引越しの計画をしっかりしょう。例えば、いつ引越しをするかですが、時期によっても変わってきます例えば月月は転職や入学、就職によって引越しする人が一番多いので、値段もアップしますし、業者によっては作業が雑であったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。なので、引越しの日はなるべく早めに決めておいて繁忙期を避けるほうがいいかもしれません。ほかにも、引越し作業をする時間なのですが、引越しの時間というのは、時間帯が遅くなれば遅くなるほど金額は安くなるといわれていますから、自分がいつ頃引越しを考えているのか遅い時間に予定してみるのもよいかもしれません。ある程度の引越しの計画が立ったら、次に引越し会社2、3社に引越しの見積書を出してもらいましょう。各社から見積が出そろって比較ができれば一番条件のよい引越し業者を選ぶこともできますので、引越しの計画もだいたい立つと思います。引越しを依頼する業者と日が決まってしまえばあとはそれに合わせて進めて行けばよいかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はできるだけ少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは荷物を整理する絶好のチャンスでもあります。そして、荷造りに取り掛かる前に、引越しの荷物のある程度の整理をあらかじめしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。最初は、洋服をまずは整理しましょう。最近きていない洋服、もう着ない洋服を処分することで荷造り作業もはかどると思います。そして引越しの準備をしている段階で不用品があった時には、どうするのがよい方法かということですが、リサイクルショップに売ることができるものか大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。電化製品などの場合には、リサイクル法で決められた処分方法をしなければいけませんので、必要な家電、処分する電化製品などの仕分もあらかじめしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の整理をしておくと荷物の量もだいぶ減っていると思いますので、効率よく荷造りもできますし、引越しをすることになったら、できるだけ早いうちに持っていくものの整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りをする場合には梱包方法に注意しましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者も多くなっていますが、自分で引越しの梱包作業をする場合には、ふさわしい方法が梱包するものそれぞれのによってありますから、それについてご紹介しますと、食器類や装飾品などのワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、割れ物はやはり引越し業者任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包方法も違いますからそれにふさわしい梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら知っていると思います。食器の梱包を自分でする場合には、古新聞で包むといいですね。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったら取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や装飾品など銀行の通帳や実印など現金やキャッシュカード、不動産関係の書類などは自分で持っていくべき荷物になると思います。引越しの荷造りはできるだけ何が梱包されているかわかるようにダンボールにマジックなどで書いておけば、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。

 

■引越しの当日
引越しをするその当日は、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、こちら側も、何もしなくてもいいというわけではありません。まずは、引越し業者がわかりやすいように指示をすることで、引越しが効率よくに進みます。例えば大型家具などは先に、配置する場所を図にしてしっかりと説明しておけば、作業員の人たちはそれをもとに無駄のない作業をすることができます。また、図に描いておくということまではしなくても、現場で配置を指示してやることによって無駄のない作業をすることができます。引越しの当日は引越しが無駄なく進むように、あらかじめ当日のだいたいの時間的な予定の確認、荷物の積み込み、搬入の順番などの確認をしておけば、作業もスムーズに進むと思います。もしも特殊な物を持っていく場合には、引越し業者に見積もりの際に聞いておいてその引越し業者で運べなければ、別の業者に頼まなければいけませんからそちらの手配も引越しをする前にしておく必要がありますね。引越しの当日は荷物を運んでしまえば終わりだと、思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、引越しの当日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越しが効率よくに終わるように引越しをする側も引越し業者を手伝う必要があるので何かとたいへんだと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。荷物を梱包するあたりから準備を始めると思いますが、やはり、ダンボールは絶対に必要なものですね。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですが一体どれくらいの数の段ボール箱が必要になるのかというと、人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかと言われていますから、それくらいの段ボール箱が必要です。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや引越しを頼めば、必要数無料サービスしてくれますので、自分で用意をする必要はないとおもいます。ダンボール以外には、梱包材として、クッション材とか、プチプチなども必要ですね。こういったものも、無かったらホームセンターで買ってきて、ワレモノを梱包するのにつかっておきましょう。また食器や壊れ物を包むときには新聞紙も必要です。新聞紙はワレモノの梱包の他にもいろいろ使いますので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。まだ他にも、ガムテープやナイロンのひもも必要ですが、これも引越し業者がくれるでしょう。また、これも当然必要ですけど、ハサミやカッターナイフですとか軍手もあると助かることが多いです。そして、梱包した荷物に、新しい住まいの、どの部屋に運ぶかわかるように書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも引越時に家具の防震対策もしてくれるというサービスを行っているところがあります。防震、免震のグッズなども、いろいろと各引越し業者によってあるようですね。そのひとつとして引越し先で家具を配置した後に、地震があったのために家具を固定しておく固定金具といったものもありますし、家具を置く下や家具を積み重ねる間に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。家具を全て配置し終わってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、引越し業者のサービスを利用すれば、荷物を動かすついでにできるので効率的です。このようなオプションでは、引越会社によって、対策の方法や使う器具なども違いがありますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。各社のホームページなどを見てみると、地震対策のサービスの内容や料金などもそれについて説明があると思いますので、そちらを参考にしてサービス内容を比較してみましょう。ついでにできるチャンスなのですから地震対策をやっておくのはやっておいたら安心なのでよいですね。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、こちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

■引越しの各種手続き
これから引越しをする場合、ライフラインや、通信などの各種で続きについてこれも必要になりますよね。最初に、遠くに引越す場合には、電話番号は変更になりますから、引越しをする前に116番に連絡をして、電話の引越しの手続きを行っておくことが必要です。電力については、引越しをする日くらい前に電力会社に電話して、引越しをする日で止めてもらうようにします。引越し先の電力会社にも、やはり事前に電話をして、入居時に電力が使えるように手続きします。ガスの引越しの際の手続きは、引越しをする日前くらいに連絡をして手続きをしておきます。これから、引越して行く先では、そこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをして引越し当日に係員が着ますから検針してからガスが使用できるようになります。引越しが決まったら、水道局には、引越しをするだいたい−日前に引越しをすることを連絡しておきます。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産業者がやってくれるので必要ないこともあり、特に自分で連絡する必要がないということもありますので、また、新居が新築の場合などでは、これらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますから事前にしっかりと確認をして、手続きをしておくようにしなければなりませんね。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの手続きというのも、意外といろいろありますね。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、新聞の契約をしている場合には、その他にも、銀行などの住所変更をしておくこともまた、自動車保険や生命保険にも入っていると思いますが、住所変更の手続きなどをすることを忘れてはいけません。例えば保険の場合には、だいたいは生命保険や自動車保険ですけれど、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。また、引っ越しの際には、郵便物の転送手続きも必要ですね。郵便局に行って、転居届の用紙に記入して、ポストに入れておけば、現在の住所に送られてくる郵便物があったら、一年間は、自動的に新しい住所に転送をしてくれるようになりますので、郵便局に引越しの手続きをしておくといいと思います。まだ他にも携帯電話も住所変更をしなければいけませんし、インターネットの回線も移転の申込みをしておけば、引越ししてすぐインターネットを使えるようになりますのでやっておきます。

 

■新潟市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
新潟市役所 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

 

【電力】
東北電力コールセンター フリーダイヤル(0120-175-266)
電話受付時間:月曜〜金曜 9時〜20時、土曜 9時〜17時 
祝日・年末年始(12/29〜1/3)は除く。

 

【ガス】
北陸ガス新潟支社 025-228-2131
月〜土 8:30〜17:10(祝日・年末年始 12/30〜1/3 を除く)

 

【水道】
新潟市水道局 お客さまコールセンター
フリーダイヤル 0120-411-002
受付時間 午前8時から午後9時 年中無休

 

新潟市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
新潟市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、新潟市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、1分程度の入力で引越し各社の料金がわかります。

 

 引越し価格ガイド